ホーム > スキンケア > ニキビがいくら洗顔しても消えない理由

ニキビがいくら洗顔しても消えない理由

ニキビがいくら洗顔しても消えない理由についての回想録です。私は、20代の頃からニキビが顔中にでてしまいとても悩んでいました。いろいろな雑誌を読んで、ニキビ対策をしていたのですがいまいち効果がありませんでした。試したのは、まず早寝早起きの規則正しい生活です。これはニキビの数は減りましたが、完全になくなるとまではいきませんでした。

脂っこい食べ物を制限することも試してみました。スナック菓子やカップラーメンやチョコなど、なるべく食べないようにしてもニキビが完全になるくなることはありませんでした。洗顔料も新しいのが出れば試してみましたし、化粧水ももちろん一日2回、朝晩としっかり保湿していました。あまりにも改善されないのでお昼休みにも洗顔するよになり、一日三回洗顔をしてみても逆に悪化する一方でした。

そんななかある雑誌に、間違った洗顔という記事を見つけ読んでみると、私のやっているのが間違いだと書かれていました。記事の通り、洗顔料を使うのをやめて、朝と晩だけ、何もつけずにぬるま湯で顔をゆすぐだけにしてみました。こんなのでよくなるはずがないと思っていましたが、一か月後にはニキビが一つもなくなりました。今でも洗顔料を使わないで顔を洗ってますが、ニキビは以前とは比較にならないぐらい出てこなくなりました。

大人ニキビ 治らない